淡路市 新築 『気密測定』

先日、淡路市の新築住宅にて第三者機関による『気密測定』を実施しました。

この気密測定とは、住宅の隙間の小ささを計測器を使用して測り、住宅の気密性能を数値として表すことです。

この淡路島での省エネ基準は、C値=5.0㎠/㎡ 以下とされている中、結果はC値=0.25 ㎠/㎡ でした。

数値が小さいほど高気密な家なので、基準値の1/20とかなりの高気密住宅(隙間がとても小さい家)ということになります。

隙間が小さいとどうなるのか?住宅にも性能がある?など

間取りやキッチンなどの設備、デザインなどに気を取られやすいと思いますが、住宅の性能についても知ってほしいことがたくさんあります。

光熱費や健康被害など、住宅は住んでからがとても重要です。

建てた後で後悔しないためにも、当社では定期的に勉強会を開催しています。

ホームページなどで案内をしていますので、ぜひ参加していただければと思います。

詳しくはお問合せをしてくださいね!