コンテンツ

SW工法

スーパーウォール

  変わりゆく暮らし それを支える家 ずっと続く性能

 

家族みんなに心地よい空間を、いつでも当たり前に。どこにいても、暮らしのすみずみまで、めいっぱい楽しめるように。永い人生においてどれだけ暮らしが変わっても、健康・快適・安心・安全でいられること。

家族と過ごすかけがえのない時間を、何よりも大切にしたい。そして、家族みんなが健やかに成長していける。

今の暮らしはもちろん、未来のためにも賢く家を選び、20年後、30年後も「この家でよかった」と感じながら、家とともに時を重ねていただけるように。

家づくりは、一生に一度の買い物とパートナー選び!

 

一年中、家のどこでもストレスフリーに過ごせる、健康、快適、安心に満ちた日々。

こだわっているのはストレスフリー。真冬の朝でも、ベッドから気持ち良く起きられる。

一年中、薄着や裸足で過ごせる、この上のない心地よさ。

花粉の侵入や、カビ・ダニの発生もしづらいため、家族の健康はもちろん、家の性能も長く保たれます。

家族の健康や安全、省エネや環境への配慮…。

さまざまな願いを支える、たしかな技術に担保された、高い性能。

スーパーウォールの家は、断熱材で包み込んだ魔法瓶のような空間

建物の断熱性能を高め部屋間の温度差や上下の温度差が少ない家の温熱環境は、建物全体を高性能断熱材で包み込んだ気密性の高い、魔法瓶のような空間を生み出します。夏も冬も外気温に左右されにくい快適な室内環境を実現できる理由は、高い気密・断熱性にあるのです。また低い基準レベルの家と高断熱の家を比較してみると、大きな違いがあります。

 

外気温0℃ 暖房設定温度20℃ ※掲載データは、実験施設にて測定した値であり、保証値ではありません。 住宅の仕様、生活スタイル、気象条件等により異なる場合があります。

 

気密・断熱性能を高めることで、温度差の少ない室内環境に

冬のリビング、エアコンで暖かい室内も、「何となく寒い」「足下が冷える」「廊下やトイレは寒い」と感じることはないでしょうか。この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけではなく、ご家族の健康にも影響を及ぼします。そんな、家の中の温度差を少なくするには、住まいの気密・断熱性能を高めることが大切なのです。

 

表面温度差

エアコンの設定温度は同じでも、建物や窓の断熱性が低い場合・高い場合を比較すると、室内の壁・床・窓の温度が異なり、人が感じる温度も違ってきます。

上下温度差

気密・断熱性にすぐれた家は、部屋の上下の温度差が少ないことも実証されています。暖房が効いている暖かいリビングなのに、なぜか足元が寒いといったことがなく、吹き抜けや高天井の空間においても、暖房効率を心配する必要がありません。

 脱衣室やトイレとの温度差※が少なく、ヒートショックにも安心

LIXIL試算値 外気温0℃断熱仕様:H28省エネルギー基準6地域適合レベル

 

交通事故は年々減少傾向にある中で、家庭内の死亡事故は増加傾向にあり、特に寒い時期の入浴中の死亡事故が多く発生しています。

その主な原因は、入浴時の急激な温度変化によって、血圧や脈拍が変動する「ヒートショック」が起こり、心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などを引き起こしたものと考えられています。断熱性の高い家は、冬でも居室と脱衣室やトイレとの温度差が少ないため、突然死のリスクと言えるヒートショックにも安心です。

※リビング等の居室で適切な暖房運転を行っている場合です。LIXIL試算値 外気温0℃
断熱仕様:H28省エネルギー基準6地域適合レベル 
 

健康で快適な室内環境づくりに重要となる、高い気密性能を追求

 

 

 

住まいには見えない隙間が存在しています。隙間が多いと、いくら暖房や冷房を行っても漏れてしまい、快適な室内環境を保つことができません。

したがって、住まいの気密性は重要なポイントになります。気密性能はC値( 相当隙間面積)として数値化されており、数値が小さいほど隙間が少なく、気密性にすぐれていることを示します。

スーパーウォールの家では、C値1.0を基準とし、一邸一邸、気密測定を行い、性能報告書にてご確認いただいています。

健康で快適な暮らしのための空気環境とは?

室内の空気環境を清浄化することは、ご家族の健康のために重要なポイント。

近年は、PM2.5(微小粒子状物質)などによる大気汚染、カビ・ダニ、花粉といったアレルゲンの対策など、空気環境に注目が集まる中で、住まい全体の通風など、計画的な換気に目を向けることが大切です。

 

カビ・ダニの繁殖を抑えるために、空気のよどみを少なく

家族や住まいの健康を害する、カビ・ダニの発生は空気のよどみも原因のひとつになると言われています。気密性を高め隙間を少なくすることで、外気とともに出入りするホコリや花粉などを大幅にカット。また、計画換気システムの採用により、住まいの隅々にゆるやかな空気が流れ、空気のよどみが少なくなり、カビ・ダニの繁殖を抑えることが期待できます。

 

室内の温度・湿度を保ちながら効率的に換気を実施

 

 

 

一般的に換気を行う場合、窓開けや給気口から取入れる外気とともに、外の温度や湿気も一緒に取り込んでしまいます。しかし、全熱交換型換気システムECOAIR90を使用することにより、高効率の熱回収と湿度の交換で、室内の快適さはそのままに換気を行うことが可能に。省エネ住宅の課題でもあった、住宅の熱損失のうち換気が占める約15%の熱ロスを抑えることができ、住宅一棟の性能をさらに向上させることができます。その効果は、断熱材を4倍※厚くするのと同じ効果が得られることになります。

※「住宅の省エネルギー基準の解説」内のQ値計算方法に基づき、外壁の断熱材厚みおよび換気方法(熱回収率)の条件を変えてQ値が同等となる値を計算した調整値。

 

 PM2.5や花粉などの侵入を大幅にブロック(ECOAIR90の場合)

新鮮な外気を取り入れ、計画的に家中の換気を行う、24時間計画換気システムですが、PM2.5や花粉などの外気の汚染が気になる場合は、全熱交換型換気システムECOAIR90において、PM2.5対応フィルター(オプション)を使用することが可能です。2.0µm(1µm=1mmの千分の1)の微小粒子を約90%捕集することができます。

 

微小粒子物質の種類と大きさ

 

  微小粒子物質の種類と大きさ

 

PM2.5対応フィルターは、帯電メルトブロー不織布を使用。静電気により微小粒子を吸着し、すぐれた捕集性能を発揮します。PM2.5対応フィルター ※ECOAIR90 オプション対応

 

スーパーウォール工法は、地震や台風にも強いモノコック構造

 

スーパーウォール工法は、壁・床・天井が一体化した箱形を構成するモノコック構造。

航空機や自動車ボディの技術から発達した構造で、大きな外力にも変形しにくい特徴を持ちます。

住宅においては、地震や台風などの外力が接合部などに集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

 

効率よく耐震性を高める壁倍率5倍のパネルを実現

住宅の耐震性能を高めるためには、耐力壁をバランスよく配置することが重要です。高性能スーパーウォールパネルは、構造用合板OSBと断熱材を一体化し、建築基準法で木造最高レベルとなる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現。壁倍率2.5倍の基本パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置することが可能になります。また、一般在来の家の壁(筋かいによる5倍相当仕様)と比べても壊れにくく、変形量も筋かいの半分であることが耐力試験で確認されています。

住宅の壁倍率