『地熱の家』

目指したのは、自然に近い快適空間。だから健康、だから省エネ。

地中熱利用換気システムは、私たちの最も身近にある「自然の恵み」と現代人の知恵「最新の技術」との融合で実現した、省エネシステムです。四季を受け入れ、自然と共存する暮らしを楽しみ、地球との心地よい環境を築くことで、本当の「快適」を見つめ直して頂ければと思います。

このシステムは多機能型換気システムで、エアコンではありません。ですので温度の設定はもちろんできませんし、それを必要ともしていません。熱源はあくまでも「自然」。温熱環境の面から言うと「パッシブ空調」、つまり自然の力をそのまま利用し、建築手法や工夫によって最大限に活かすシステムです。

 

 

地中熱とは

井戸水が夏に冷たく感じ、冬には暖かく感じるように地中内は外気に影響されず、その地域の平均温度で安定しています。特に深さ5m前後の地中熱は地盤の特性により夏は比較的温度が低く、冬は比較的温度が高いことが分かります。

このシステムは深さ5mの地中熱を専用の熱交換パイプにより安価で効率よく利用することができます。

私たちの足元にある自然エネルギー「地中熱」を利用し基礎空調を行う24時間計画換気システムです。冷暖房機器のように急激に温度を調整するのではなく、換気をしながら建物全体の温度を緩やかに調整し冷暖房の空調負荷を軽減します。

暑くて湿った空気をパイプに送り込み、地中熱で冷やし床下から吹き出します。パイプ内では「冷気の供給」のほか、自然の原理を上手く利用した「除湿」や「空気浄化」の効果も働きます。

冷たい空気をパイプに送り込み、地中熱で温め床下から吹き出します。室内の発生熱も有効利用し、屋内を循環した暖気は再びパイプへと送られてより効率の高い温度調整が行われます。